おせち料理には一つ一つ大切な願いが込められています

年に一度のお正月は、日本全国が一気にお正月ムードに包まれます。

除夜の鐘や初詣、お年玉などお正月らしさを感じることが出来るものはいくつもありますが、おせちも間違いなくそうしたものの一つです。年末年始はおせち料理を楽しみながら家族や親戚と集まって過ごす、というご家庭も非常に多いと思います。

ですがお正月に欠かせないおせち料理の一つ一つの意味をどれだけ知っているかと聞かれると全て答えることが出来ると言う人はそうはいないのではないでしょうか。一年に一度のお目出度い行事ですので、子孫繁栄や無病息災などの願いが込められた料理であることは何となく分かっていても、全ての料理の意味について考えることもあまりないはずです。

おせちの代表的な料理の一つである黒豆は、「まめ」は健康を意味することが出来るだけではなく、まめに働くことが出来るようにという語呂合わせからも欠かせないものとなっています。昆布巻きは「喜ぶ」の言葉にかけられていて、正月の鏡飾りにも用いられているように、健康長寿や一家の発展を願う意味が込められています。

数の子は子宝と子孫繁栄を願い、ゴボウは細く長く幸せになるようにとの願いが込められ、黄金色の栗きんとんは豊かさと勝負運を願ったものとされていますので、おせちは一つ一つ昔から日本人が大切にしてきた願いが込められた料理になります。

今後も毎年お正月のたびに、ご先祖様達が願いを込めて食べ続けてきた料理であることを念頭にして大事にいただきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です