おせち料理の語源とは

おせち料理などの「おせち」という言葉は通常の場合平仮名で書かれます。

ではこの名前の語源をご存知でしょうか。「せち」とはもともと季節の変わり目を言った言葉です。漢字では「節」と書きます。日本には節句と言う言葉があります。季節の変わり目をお祝いする文化があり、そのことからこの言葉にも表れています。おせち料理というのは「お節料理」、つまり、季節の変わり目に食べる料理を表します。

以前はお正月だけでなく、他の節日に食べる料理もこう呼んでいたと考えられます。現在の暦では12月31日と1月1日が季節の変わり目という感じがしないかもしれません。かつて旧暦では12月が冬の終わり、1月が春の始まりにあたる月でした。1月の初めを新春と呼ぶのはその名残です。

1月は春の始まり、季節の変わり目の1つだったのでお節料理を食べる風習があったということです。現在でも七草がゆや恵方巻など、時期に合わせて食べる料理がありますが、おせち料理もその1つということになります。

こういったタイミングで口にする料理には得てしてゲンを担ぐ風習があります。そのため、おせち料理には安心して日々を過ごせるような思いを込めた食材が詰め込まれています。栄養価も非常に高いものが多く、古くからの知恵が込められているのが分かります。

昨今では自宅で用意する方が減っていて、購入する方が増えています。人気のものは早い段階で予約でいっぱいになることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です