知っている様で知らないおせちの由来

お正月に食べるおせちは、漢字で書くと御節料理と書きます。

元々は切実をお祝いする為に供えていた料理の事なので、決してお正月だけの物と言う訳ではありませんでした。しかし、江戸時代に節日が一般的になって行くと、その節日の中でも最も大切と言われるお正月にふるまわれる料理に対してだけ、おせち料理と言う様になりました。

また元々はその土地で採れた物を供えると言う形で下が、徐々に変化して行き様々な地域の物を取りいれ現在の形へと変化して行ったのです。また中に入れる料理自体は重箱の格段で詰める料理が異なっています。基本的には保存の利く物を入れるのですが、地方によって違います。

またひと昔前までは四段のお重が多かったのですが、現在では三段のお重を使う事が増えている状態です。一番上には祝い肴と口取りを、二段目には海の幸を中心にしてやきものを詰めます。

三段目には家族仲良くと言うことで山の幸を中心とした煮しめを、四段目、つまり一番下の段には酢のもの等日持ちのする物を詰めます。元々弥生時代が発祥とされているおせちですが、庶民の間で広まったのは江戸時代の事です。

さらに現在では核家族化や単身世帯の増加等家族構成の変化によって、おせちの姿も変化してきています。勿論伝統的な料理だけでなく、洋食や中華を取りいれたり、市販の物を買う人も増えて居ます。

さらに手作り物と市販の物を上手に組み合わせて、その家独自のおせちを作っている人も珍しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です